イナバ物置 NXN-29S

ド素人が、イナバ物置【NXN-29S】を組み立てるとこうなった!!

裏庭の狭い土地にイナバ物置【NXN-29S】を設置しようと考え、ド素人の自分が組立ができるのかやってみました。

イナバ物置【NXN-29S】情報

物置と言ったらイナバ物置でしょうね。

裏庭の幅の狭い縦長の土地に設置したかったので、NXN-29Sという物置を選択しました。

通常価格は、183,000円(税込201,300円)のようですが、自分は、購入先は、

楽天から通販で購入

しました。

通常価格より、6万円ほど安く、ホームセンターより、5万円ほど安く購入することができました。

また、通常の組立費用して、2万円~3万円ほどかかるのも、自分で組み立てたので無料です。

イナバ物置【NXN-29S】組立

前準備

前準備した道具や材料としては、

  • 電動ドリル(ビス回し頭)・・・なくても大丈夫、付属のスパナ有
  • カッター・・・梱包を開封するのにあった方がいいが無くても大丈夫
  • シャベル・・・土台の穴を掘るのに必要
  • 土台・・・物置を乗せる土台として必要(ホームセンター購入)
  • インスタントセメント・・・土台と物置を固定するのに必要
  • セメント用バケツとシャベル・・・必要
  • メジャー・・・土台を設置する間隔を計るのに必要
  • 水平器・・・自分の水平器が使いやすかったので使用、付属の水平器有

その他に、作業用手袋は怪我防止にあるといいですね。

土台のコンクリ設置

裏庭の構造上、20cm角のコンクリートブロックと、薄型の25cm角のコンクリートブロックを購入してきました。

ブロック塀側の方は、土なので、シャベルで掘って設置し、建物側のブロックは、建物の基礎でコンクリートになっているので、薄型のコンクリートを敷く事にしました。

つまり、敷いた方のブロックの高さに合わせて、ブロック塀側のコンクリートブロックの高さを合わせる事になりました。

水平器を使いながら、一個づつ穴を掘って設置していきました。

はっきり言って、

土台の設置が一番時間がかかりました!
 
全部のコンクリートブロックの土台の水平を計りながら設置したはずなのですが、物置の床を乗せると、カタカタと浮きが生じていました。
 
カタカタのひずみを抑える度に、コンクリートブロックを置き直し試しましたが、1ヶ所を修正すると、他の場所でカタカタとなったりしました。
本当に、時間にして
3時間は水平を取るのにかかった(泣)
 
組み立てるよりも遥かに大変な作業でした。
 
 
 
 

物置本体の組立

組立は組立説明書の順番通りにやっていけば簡単でした。

参考>>イナバ物置(NXN-29S)組立説明書

多分、土台がゆがんでいたりすると、パネルがうまく入らなかったりする可能性もあるようですが、自分の場合は、土台の水平に異常なくらい慎重に時間をかけたのでパーツがうまく入らないという事はありませんでした。

ド素人の一人作業でも全く問題ありません!
 
ただ、一人では、一ヶ所だけ難関がありました。
鼻隠し後のボルト取付は、一人だと10分以上かかる場所でした。
鼻隠し後
 
後ろがブロック塀だという作業の難しさもあったのかもしれませんが、屋根の上に乗ってのボルト取付は難関でした。
 
 
 
 

物置と土台の取付

物置の組み立てが終わったら、物置に土台と固定する金具を取り付けて、インスタントセメントを流し込んで固めてしまいました。

説明書を見ると、4ヶ所の土台にセメントをやるようですが、建物側の方には、やりませんでした。

※自己責任において組み立てをしております。

完成(動画にしました!!)

 

ド素人が組立しましたが、物置自体は全く問題ありません。

全面のドアの開け閉めもゆがみなく軽く開け閉めができます。

この物置は、

狭い裏庭にぴったりなイイ感じ

でしっかりと物置が収まりました。

 

奥行きは狭いのですが、縦長なので意外と物が詰め込めます。

現在では、DIY道具を詰め込んで自宅は整理されて、本当に物置買って良かったと思っています。

 

さて、作業時間の方は、土台の設置に、3時間程度、組立3時間、セメント作業30分

という所でした。

お疲れさまでした。

 

イナバ物置 NXN-29S
最新情報をチェックしよう!