50肩

肘をつく癖から肩を痛め1ヶ月以上経過するが一向に回復しないってのは・・・50肩なのか?

左肘をついて仕事をする癖があり、更に、スマホゲームをやるのに長時間うつ伏せで肘をついていたら、ある日突然、左肩が痛くなり、スグに治るだろうと思ってから既に1ヶ月以上が経過していますが、一向に回復する気配も無く、痛みで腕も上がらなくなってしまいました。

 

50肩の症状や原因は?

●突然激しい痛みがあらわれる急性期
ある日突然、腕を動かしたときに肩に鋭い痛みが発生するのが四十肩・五十肩の典型的な発症パターンです。ほとんどが片側の肩のみに症状があらわれます。その後、肩を動かすときに、痛みが二の腕や手先に伝わるようになります。しびれをともなうこともあり、眠れないほどの痛みが生じることも少なくありません。これは肩関節の炎症によるもので、急激な痛みは、数日間で治まります。(引用:タケダ健康サイト

タケダ健康サイトの症状を見ると、自分の場合は、急性期とは違うような気がしますが、ある日突然痛くなったことは同じであり、肩のみの症状という面からは似ています。

 

●肩を動かせる範囲が制限される慢性期
急性期の痛みが治まるとともに、鋭い痛みから鈍い痛みへと変化し、肩を動かせる範囲がだんだん狭くなっていくことがあります。とくに肩を上げたり、後ろに回す動きが困難になります。これを拘縮(こうしゅく)といいます。痛みのために、肩の筋肉を動かさないでいると、組織の癒着が起こり、さらに動かなくなって治癒が長引きます。

慢性期の症状は似ている部分が多いです。

肩を上げたり、後ろに回す動きになるとズキッという痛みが出て動かすのが困難な状態です。

 

いったい原因は何なのでしょうか?

 

様々なサイトで調べると本当の原因は分からないようですが、

加齢によるもの

らしく、柔軟性が無くなって、炎症を起こすようです。

 

自分の場合は、よく背中が痛くなることがあり、疲れたりすると1週間程度痛くなるような事がありました。しかし、今回のような肩が痛くなるような症状は初めてであり、40代でも経験は無く、初めて50代で経験しました。

ちなみに、40代の場合は、40肩、50代の場合は、50肩という事で、同じ症状らしいですね。

 

運動も筋トレもやってるのに・・・

 

他の50歳代と比較する対象がいないので何とも言えませんが、自分の場合は、トレイルランニングが趣味だったりするので、運動はやっているし、筋トレも週に1回程度はやっているので、50肩とは無縁だと思っていました。

しかし、仕事柄、左肘をついての作業を長時間やってしまうことや、気晴らしにゲームを数時間、肘をついてやってしまう事があったので、

 

着実に50肩になる為の行為をやっていた!

と今思えば考えられます。

 

過信していたって事ですね

 

どうやって改善させる?

50肩とは違う原因もあるので、医者に行くことが一番の策だとは思いますが、本音を言えば、医者嫌いなので行きたくありません。

 

自分の場合は、何もしなければ痛みが無いし、睡眠時も今のところ問題ありません。

 

なので、

痛みのない範囲で肩まわりを動かし、血行を促す

ことが予防・改善に効果的だという記事をみたので、その路線で改善を目指してみたいと思います。

 

具体的な改善アクション

 

具体的になにをするのかと言えば、

ストレッチと筋トレ

になるかと思います。

実際に今までもやってきたことですが、最近は痛いからと言う理由で動かさなくなってきていました。

しかし、動かさないと逆に血流が悪くなり血行が悪くなって悪化させる原因にもなるようなので、痛さを乗り越えてストレッチさせて動かしてみたいと思います。

 

発症して約1ヶ月経過しまいたが、今後も症状を追ってみたいと思います。

 

経過状況

1ヶ月経過

既に1ヶ月を経過しましたが、全く改善していません。

最初に痛くなった状態のまま、悪くもならず良くもなりません

後ろに腕をやった時に激痛が走るのですが、普段の生活に支障はでていません。

普通に筋トレも腕立て伏せもできます。

どの程度経過すれば回復するのでしょうか?

 

3ヶ月経過

もう、3月になってしまいました。

結論から言えば、

ちょっと悪化している!

という状況です。

動かさなければ、特に痛みはおきませんが、ある特定の方向に動かそうとするとズキンと激痛が走ります。

50肩

まずは、左腕を、右腕側の下の方に引っ張ると激痛があります。

 

50肩

次に、左腕を肩から直角にして、(拳を上に)後ろにやると激痛が走ります。

同じ様に、拳を下にして後ろに引っ張ると痛いです。

 

50肩

それから、左腕全体を、後ろ後方に伸ばした時に激痛が来ます。

 

通常通り生活はできていますが、何かと不便です。

腕の筋トレは、週一程度。肩は腕立て程度を週一くらいです。

あとは、週一でトレイルランニングやっていますが、走っている時は、気にするような痛みは感じません。

もちろん、左腕の痛む方向にひっぱられるような事があるとズキンとなります。

はやく回復してほしいです。

 

3月30日病院に行く!

だんだんと悪化が進み、動かせる範囲も狭くなっているようなきがしました。

さらに、常に左肩と腕が重く肩こりが酷いです。

寝ていて寝返りを打つときに痛みがあるようで熟睡できてないような気もします。

さらに、YouTube動画などをみていると、手術が必要な場合もあるような感じで脅されたので重い腰を上げて病院に行くことにしました。

 

レントゲンでは、骨に異常はないようだってことで、様々な腕の動きを医者が試していました。

人体模型で説明してもらいましたが、肩峰下滑液包当たりの炎症により、肩の骨とぶつかって痛みが伴うんだろうという判断でした。

炎症を抑える注射をしたほうが治りが早いというので1本打ちました。

おもったり痛くなかったので泣かずに済みました。(笑)

シップ

帰りに、1日2回限度のシップというのをもらって帰ってきました。

現在、帰ってから4時間が経過していますが、気持ち的なのか、わかりませんが、ちょっとだけ腕が上がるようになったような気がします。

どうせ、五十肩は1年くらいは治らないから医者に行かなくてもいいかなって思っていましたが、結果的には、

気持ち的にも楽になり、前に進める

ようになりました。

 

というのは、

痛くても動かした方がいいよっていうアドバイス

をもらったからです。

 

自分勝手な判断で、トレランも続けていましたし、筋トレもちょっとだけやってました。

いいのかな?って疑心を持ちながらやっていたので安心しました。

やっぱり、痛いと思ったら自己判断をしないで1回は医者に行くべきだと改めて思った1日でした。

早く、この痛みから解放されたいものだ。

 

5月3日回復の兆候が見られない( ノД`)シクシク…

病院に行って注射受けてもらってから、1ヶ月以上が経過しますが、まったく回復する兆候が見られません。

むしろ、就寝中に寝返りを打った時に痛さで目が覚めているようです。
この1ヶ月やった事と言えば、整体院に一回行きリハビリの指導をうけました。
痛くない範囲で稼働できる範囲を毎日少しづつ広げるというアドバイスを頂きました。
また、接骨院に週2回の回数で通っています。
接骨院の治療内容では、患部マッサージ10分と、遠赤外線治療、低周波治療という感じで、200円前後の治療費です。
※保険が効いています。
 
どうも、トレイルランニングとかしている時は気が紛れて痛さが緩和されているようです。
また、負荷の低い腕の筋トレなど週1でやっていますが、筋トレ後は、痛さが緩和されている気がします。
現状では、こんな感じです。先は長そうです。
 

6月3日 ちょっと可動域が増えた?症状は変わらず

ちょっと可動域が10cmくらい腕が酷い時よりも上がるようになった気がします。

ただ、気がする程度

相変わらず、インフルエンザのような腕の皮膚の違和感と、重い鈍痛があります。

そして、動かしてはいけない方にちょっとでも行き過ぎると激痛ですね。

昨日は、近所に開院したマッサージ屋さんに行ってきました。

3,000円で針治療を勧められましたが怖いので辞退しました。

今のところ、定期的に通っているのが近所の整骨院ですね。

まだまだ五十肩と長い付き合いになりそうです。

 

 

50肩
最新情報をチェックしよう!