セカンドドローン

自動追従機能(フォローミーモード)ドローンで自撮りしたいが最悪回収できなくても諦められる機種を探してみた結果

2年前に「DJI ドローン Mavic Air」というドローンを購入して、色々と上空からの映像を撮影しては編集して楽しんでいました。

購入した経緯に、趣味である

トレイルランニングの様子を確認したいという気持ちもあり自動追従機能を使って自動撮影

をしたこともありました。

しかし、この機能を使う時は墜落時の回収不能というリスクを考えると中々撮影に踏み切れません。

 

 

 

Mavic Airで十分なのですが・・・

 

2年前に購入した、Mavic Airで十分満足なのですが、期待をロスト(墜落して見失った時)した時のリスクを考えると、墜落時に回収不能な場所では飛行もさせられません。

ましては、追従機能(以下フォロミーモードにて統一)などは、山の中を走るトレイルランニングの撮影に空撮するのは相当の覚悟が必要です。

 

自動追尾機能とは、設定した対象物を自動でドローンが追尾してくれる機能。
フォロミーモードと呼んだり、DJIのドローンでは「アクティブトラック」という機能名称である。
 
 
更に、DJIのMavicAirは、ジェスチャーで機体をコントロールできるという素晴らしい機能があり、スマホもコントローラーも必要なく、単体で動作させることができるのです。
  • ジェスチャーによる地面からの離陸
  • 追尾モードの起動(手を下ろしているだけで起動)
  • ジェスチャーでの着陸

過去にふざけて撮影した操作動画がありますので貼っておきます。

 

 

 

このように、十分に満足の機種なのですが・・・

 

購入価格が高いのです!
 
バッテリーなどの追加購入品も含めると、総額13万円程必要でした。
更に、1年間の機体の物損保険や他者に与えた損害の保険などを追加すると、約14万円程の費用が必要になりました。
 
 
 

ロストしても保険がカバー!?

 

自分も保険に加入してれば、最悪機体をロストしても保険がカバーしてくれるんじゃないかと考えて保険に加入しましたが・・・

 

墜落した機体を回収できなければ保険は使えない!
 
というのです。
2年ほど使っていますが、強風時に無謀な飛行をしない限り、機体の異常が無い限りは墜落するものじゃありません。
自分の場合は、1年間だけの加入で2年目は更新しませんでした。
 
 
そういう事も含めて、高額な機体をロストするような飛行に抵抗が強いのです。
 
そのような理由から、
高額でも3万円程度のドローンならロストしても精神的なダメージが少ないと考えて機種を調べ始めたのです。
 
 
 

セカンドドローン購入を検討

 

セカンドドローンを選択する基準としては、

  • 機体価格が、3万円以内
  • フォローミ―機能付
  • 持ち運び可能(折畳式)

という2つの要望が叶う機種ならいいのですが、欲を言えば、3軸ジンバルも装備していると撮影画像がブレずに済むのですが・・・。ジンバルまでは期待しませんので、良い機種はないものでしょうかね?

 

 

Holy Stone HS720


 

アマゾンでは、29,990円で通販しているようです。

スペック的には、シンバル以外は問題ないスペックです。

でも、youtubeにアップされている動画をみると、やっぱりジンバルの影響は大きいんだなーと思わされるような画面のブレです。

どれだけ、MavicAirの性能の良さが理解できる一面でもありました。

 

 

 

Tamzon D65

 

この機種は、17,990円というリーズナブルな機種で、自分が欲しい機能はジンバル以外は装備しています。

ただ、やっぱりyoutubeにアップされている映像をみると見ずらいですね。

 

 

 

Holy Stone HS166

 

この機種も、17,807円という感じですが、自分が求める機能がシンバル以外は装備されているようです。

画質も2Kですが、画質と言うよりもブレがやっぱり気になりますね。

 

 

やっぱりジンバルが欲しい本音

 

格安機種を調べては、youtubeで空撮動画をみて検討しましたが、やっぱりMavicAirを先に使っているとシンバル装備のドローンの方が欲しいのが本音となります。

 

格安ドローンでも、純粋に飛行させることを楽しむのであれば、全く問題ないと考えます。

しかし、自分のように空撮した動画を編集して使いたいと考えている場合は、シンバル装備のドローンでないとブレが気になってダメだと考えます。

 

 

MavicAirにそっくりなC-fly faith PRO

 

2020年11月の現時点でも、MavicAirの中古でさえも、4万~5万円します。ネット通販で購入すると、8万円くらいです。

そんな中、MavicAirの機能と変わらずで、43,000円で購入できるドローンがありました。

Youtubeで空撮の映像をみましたが、MavicAirと変わりません。

RSプロダクト株式会社という日本のメーカーが売っているようなので安心と言えば安心ですね。

 

また、DJIのSPARKという機種に対抗したC-fly Dreamという機種もありますが、2軸のジンバルが付いているようですが、動画をみるとブレもないいい感じでした。

値段的には、29,800円なので、これに決定か!?とも思われますが、羽が折畳じゃないのが残念です。そこまでSPARKに似せなくてもよかったのに・・・。

 

 

 

金額から選ぶセカンドドローン

 

はっきり言って

ジンバルが無いと画像がブレるので、ブレて3万円の機種を購入するなら、ブレないで4万円の機種を購入したい

と考えます。

 

もし、ブレブレいいなら、

ロストしても精神的なダメージの少ないTamzonD65

の、17,990円辺りが良いかと考えます。

 

やっぱり、ジンバル機能のある機種がいいなら、

MavicMINIが現時点、42,000円

で購入できるようです。最新のMINI2は、56,000円のようです。

ちなみに、同じような機種で、DJI MINI2というのもありますが、よく見れば違いがあるのかもしれませんが、現時点の値段が、59,000円ということで選択外になりますね。

ただ、この2機種は、フォローミー機能がありません。

安ければ、もうフォローミ―機能も無くても我慢できます。

 

 

42,000円のドローンじゃロストした時の精神ダメージでかいな!!
 
でも、ジンバル付きの映像がいいしな!!
MavicAirをロストするよりかはマシだけど・・・
2万円台でジンバル付きのドローンがでれば確実に売れるのにな。
絶対に買うのに。
本当に悩みます。
 
 
 
セカンドドローン
最新情報をチェックしよう!