為替大暴落

FX(為替取引)の勉強を真剣にする!トレード方法編

過去に大損をした時には、すべて感覚でFX(為替取引)をしていました。

もちろん分析チャートなどみることもなく雰囲気だけでデイトレをしていました。

日本のFX業者も昔はレバレッジが200倍くらいが普通だったので数時間の取引で3万円以上の利益が出たときもありました。

しかし、段々と欲が出てくるとロット(FXの1回の取引における取引単位)が大きくなり、今まで1回の取引で100円で満足していたのが、1000円になり、3000円になり、5000円になっていきました。

額が大きくなると損するときの額も大きくなり、ロスカット(損切)することができなく、塩漬ポジションを持ち続けることになる。

塩漬・・・含み損がでていても決済しないで持ち続ける事。

ポジション・・・ポジションとは、現在持っている為替の買い(売り)の値。ドル/円を買いで注文して決済せずに持っている状態を「買いポジションを持っている」 売りで注文して決済できずにいる場合を「売りポジション」。新規注文の場合はは、「ポジションを建てる」という言い方をする。

 

そうなると、必要証拠金(ポジションを建てるための預託金)が少なくなり他の取引ができなくなります。また、それだけならいいのですが、急激な相場の動きに必要証拠金が足りなくなり、自動ロスカット(ある程度の含み損が出たときに自動で損切する仕組み)されてFX口座に100万円あったはずが、残金3万円になっていたという事になります。

 

実際、私も大損した時は、塩漬ポジションがあり某国の経済発表で大きな為替変動があったときに、昨夜まであった口座の資金が、朝になってたら自動ロスカットにあって残金わずかになっていたという経験もしています。

為替大暴落

本当に恐ろしい投資取引になります。

 

しかし、その恐ろしい投資に知識なく感覚だけでやっていたという事は更に恐ろしい事ですよね。止めて良かったと思います。

 

じゃ、何で再度始めようと思っているかといえば、過去の苦い経験を生かしてみようというのと、少額で実験も兼ねて慎重にやってみようという事です。

もっとわかりやすく言えば、熱くなって資金を突っ込み過ぎない年齢にもなったし経験も積んできているってことです。

 

ただ、ここまでブログを書くまでに沢山の専門用語もでたし、取引方法だってネーミングがあるようなので勉強がてら調べてみました。

 

 

取引方法

 

トレード期間によって「スキャルピングトレード(超短期売買)」 「デイトレード(短期売買)」「スイングトレード(中長期売買)」に分けられるようです。

スキャルピングトレード(超短期売買)

スキャルピングトレードは、数秒から数分での短時間で小さな利益を積み上げていく超短期売買。

微妙な値動きの中、小さな利益を得るために何回も取引を行い利益を積み上げていくような稼ぎ方で、レバレッジを大きくすることで数秒で1000円とか、5000円とかを得ることができます。

過去の私もこのやり方でやっていましたが、ポジションを建てたときはパソコン前から離れられないです。

また、どうしても欲がでるとロットを大きく持ちたくなってしまいます。

それから、絶対に注意しなければならないのは、相場が急変した時はいい方向に振れればラッキーですが、逆に触れたときは大きな損害を食らう事になる恐ろしさがあります。

短時間で簡単に稼げる分、徹底した危機管理が必要です。

また、わずかな変動で取引を繰り返すので、通貨のスプレッド(通貨を売る時の値段(BID)と通貨を買う時の値段(ASK)の差)も気にしなければなりませんのでFX業者を選択するときに調べないといけません。このスプレッドで業者は儲けている部分もありますので業者ごとで違うようです。

 

デイトレード(短期売買)

デイトレードは、その日のうちに決済するという短期売買。

スキャルピングトレードよりも、じっくりと分析して1日の値動きを見定めてからやるのがデイトレ(デイトレードを短くした略語)でしょうかね。

そうすると値動きも、10銭~100銭(1円)ぐらいの利益を狙いながらのトレードのようです。

以前の私は分析などしてなかったので、この手法を今回はよく勉強をしたほうがよさそうです。

そうすれば、レバレッジを下げたり、ロットを小ロットにしても利益をとることができますね。でも、読みが外れて負けが続くと損失がどんどん加算でいく怖さがあります。

1日で完結させるので、夜中の相場変動を気にしなくていい分、精神的によさそうです。

スイングトレード(中長期売買)

スイングトレードは、ポジションを数日以上保有して スワップ(ポジションを保持するだけで付与される損益)も含めた大きな値動きを狙う中長期売買。

 

長い目で見て分析、予測した戦略が重要でしょうね。それから相場の急変にも耐えられるように大きなポジションを持たない事でしょうか。

また、スワップもプラスで得るなら買いでポジションを持たなければならないですね。

 

私の場合は、ド素人ですからスイングトレードは難しいかと思いますが、最近のトレードツールには、トレンドに応じて追っかけ決済してくれる仕組みもあるようなので、そのような時は利益が大きくなるチャンスもあるのでスイングトレードに切り替えてもいいかもしれません。

 

自分はどのトレード手法で?

まだまだ勉強の段階でどの手法を使って取引をするなんて決められません。

過去の失敗では、スキャルピングトレードしていたつもりが、スイングトレードになり、塩漬という流れになって自動ロスカットしてゲームオーバーだったので、たぶん、スキャルピングでやりますが、集中力と時間の関係で、1時間程度の取引になるかと思います。

また、トレンドにのっているようなケースに限り、ツールを使って自動利益確定カットするっていう感じになるかと思います。

そのツールによってデイトレになるかスイングになるかは決まるかと思います。

 

ただ、経済発表などで事前に大きな動きが分かっているような場合は、手動で前もって利益確定させて相場の大きな振れに飲み込まれないようにしたいと思います。

 

それから、FXでもっとも信じちゃいけないのはFX業者だと思います。業者のディーラーが仲介しないNDD方式であっても、大きな相場変動をいい事に自動ロスカットや約定を操作するような事をするような業者がいるようです。ちなみにディーラーを仲介するようなDD方式ってのは、お客が損をして初めて業者の利益になるような仕組みなので我々の知らない所で都合の良い操作をされていても不思議ではありません。

なんだか、FXって遊ばせてもらって適当な時期に吸い上げるっていう感じが拭えないです。

 

なので、プロトレーダーの方などは複数社のチャートなどを同時に見て同じ動きをしているか?なんて疑って見ているうちに、パソコンのモニターが沢山増えてしまっていたなんていうことも理解できますね。

為替大暴落
最新情報をチェックしよう!