前立腺肥大

スケベな話じゃなく真剣に健康(前立腺がん予防)考えてエロく生きる

中高年になると、スケベなパワーは増すばかりですが、体がそれに追いついていかない。

そして、追いついていかないから、「自分には関係ない」と言い聞かせてムラムラを抑える訓練を自然として行ってしまうものです。

そのうち、その訓練が実りED(勃起障害)になり更に「もう引退」という思想を自分に押し付けてエロエロパワーを消滅させる更なる訓練を重ねるのです。

 

本当に子作りという役目を終えた男の生殖器と本能は、老後に向けて寂しい運命が待っているのです。

夕日

 

が、しかし、それじゃ健康に生きられないかもしれない事が分かりました。

男の場合、生殖器の近くに「前立腺」という臓器がありますが、結構がんになっている方や、肥大して泌尿器の障害になっている人が多いという話を聞きました。

 

前立腺の役割 前立腺は男性特有の生殖器の一部。 生殖の役割として、前立腺液の分泌があり、前立腺液は精液の主な成分の一部。また、前立腺には筋肉が存在し、収縮することで、射精のときに精のうにためられた精液を尿道内に押し出す。同時に、膀胱側の尿道を狭くして、精液が膀胱側にいかないように調整。また、排尿時に尿道の太さを変化させる機能も担っている可能性が高いと言われる。

 

ヤバいですよね。

男性にとっては、生殖機能も大切ですが、おしっこができなきゃ更に困ります。

そんな場所が、がんになってしまったり、肥大化したりしたら恐ろしくて夜も眠れません。

そして、男性なら必ず加齢によって肥大は避けられないという運命に更に恐怖です。

 

老後になり、生きているうちは、「ちゃんとおしっこできる前立腺肥大」ならOKと考えますが、がんとなったら話が変わります。

 

いずれにしても、中高年の私も人ごとではありません。

前立腺肥大

 

じゃ、どうしたらリスクをさげられるのか!?防止できるのかの対策を調べてみました。

 

★「週2回以上の射精」がいいとか!?

★また、エロい事を考えることも若くいられる秘訣だとか!?

★そして、エッチもしたほうがいいとか!?

 

上記のような事が、各国の様々な研究者が真剣に発表している事なのです。

考えてみれば、人間が勝手にエロい事はいやらしいとか、エッチするの汚らわしいとか言っていますが、人類が生き残る為には重要な本能です。

しかし、人間の場合は、その本能むき出しにできない理性というが抑え込んでいる為に事件が起きなくて済んでいる面もあるかと思います。

 

さて、中高年の男性諸君は、どう対処したらよいものなのでしょうか?

私も真剣に、前立腺の事を考えて何とか頑張ってみたいと思います(笑)。

 

前立腺肥大
最新情報をチェックしよう!