インドの青鬼

ビールの概念を変えるIPAビール、芳醇な苦味AOONIの虜になった。

ある人のホームページを見ていて、いつも見たことのない海外のビールを飲んでいてウンチクを掲載してありました。
ウンチクはどうであれ、うまそうなビールがあるものだと感心していたくらいです。

私も夏場は、1リットル以上を飲むようなビール好きではありますが、寒くなると、最初の1本(350ml)だけビールを飲んですぐに焼酎とか、ウイスキーなどに移行してしまっていました。

そして、海外のビールを自分も購入してみたくなり、調べた時に、IPAビールってのに行き当たり、なにそれ?ってことで更に調べ上げました。

IPAビール(ウィキペディアから引用)
インディア・ペールエール (英語: India Pale Ale; IPAとも) は、中程度かそれよりもやや高いアルコール度数をもつエール。
液色は銅のような明るい琥珀色。ホップの風味が強くて苦味がある。しばしば、麦芽のフレーバーを伴う。IPAは通常ペールエールのカテゴリーに入れられる。
21世紀初頭では、アメリカのクラフトビールの醸造所では最も多く醸造されているスタイルである。

 

つまりは、アルコール度数が高い濃く苦いビールってことですね。

それで、海外の物を取り寄せようとした時に、中国でハイネケンの空瓶に汚いビールを入れて瓶詰めしているニュースが流れて、ちょっと海外製を取り寄せいる気力がなくなってしまいました。

でも、このIPAってのを飲んでみたくて、国内産の物を調べたところ、あるじゃないですか!?

 

 

12本で3980円ってことは、一本あたり、331円。う~~~~ん高い!!高すぎる。350ml缶だよ。悩んたすえ、飲みたい欲望に負けて楽天さんより12本を購入してしまいました。

 

そして、最初に飲んだのが、このAOONI、インドの青鬼様です。

一口、ごくりと飲んだ瞬間。

なに、この芳醇な香り、そして、きっつい苦味。でも、この苦味の裏に物語があるような感じの苦味です。

 

今までの、某メーカーのビールには無い香りと苦みです。

いろんな地ビールってのも飲んだ事はありますが、ここまでの濃さは飲んだ事はないし、記憶に残る地ビールはなかったですね。

 

いつも、某メーカー様のビールは、4.5%~5%くらいのアルコール度数ですが、この青鬼は、7%という度数です。なので、結構酔いも早く得られていいですね。

缶酎ハイでは、7%なんかは普通にありますが、ビールの7%は珍しいですね。

 

このビールは、ごくごくと喉で飲んでも、もちろんうまいのですが、一口一口味わって飲んでもうまいです。ちなみに、私は良くワイングラスでこの青鬼を飲んだりします。

 

前に戻りますが、冬場はビール1本に、すぐに他の酒に移行するといいましたが、この青鬼なら、この青鬼だけで十分に満足できます。

値段は高いのですが、最初の12本購入ですっかり、やられてしまいました。

 

そして、他にどんなビールがあるのかと思ってメーカーを調べると、公式通販さいとがありました。

http://yonasato.com/ec/

 

そこで、エスカレートして、箱買いに走りました。

インドの青鬼 2ケース(24缶×2)

よなよなエール 2ケース(24缶×2)

東京ブラック 1ケース(24缶)

結構な金額いきましたね。今回は、楽天さんより購入です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インドの青鬼に関しては、私的には最高においしいビールです。

さて、よなよなエールですが、某メーカーのビールとは比較してはいけません。

香りが違います。苦味は抑えられていますが、芳醇な香りはやっぱり感動します。

しかし、東京ブラックに関してはちょっと合いませんでした。

これは、好みの問題かと思いますね。

 

そろそろ締めたいと思いますが、実は最近、某メーカーのビールを飲んでも美味いと思えるのは、夏の喉が渇いたときだけで、喉でごくごくと飲んだ時だけです。

冬に飲むと、すごく物足りなさを感じて飲めなくなり、いきなり焼酎とか濃いお酒からスタートしてしまいます。

 

なので、注意事項としては、特にインドの青鬼を飲みつけると、某メーカーのビールに物足りなさを感じてしまうという弊害があります。(笑)

某メーカービールに飽きてしまった方は、ぜひ、特にインドの青鬼を飲んで苦味の世界を楽しんでくださいませ。

 

【2018年6月21日追記】

最近は、ちょっとお高いのですが、インドの青鬼をケース買いしています。

 

 

いま、上記のリンクを調べて張ったのですが、1ケース6000円は安いですね。つい最近買ったのは、7000円くらいしましたので、3ケース購入して、2万円を超えてしまいました。

 

ただ、このビールは、ごくごく1リットルって感じで飲むビールじゃないので、一晩に2缶も飲めば満足します。

 

私の場合、最近はワイングラスで飲むと香りも味わえて更においしく飲めることを発見しました。おすすめですね。

インドの青鬼
最新情報をチェックしよう!